書き溜めた詩


by 小沢 聖史
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

遠き日々

                               『遠き日々』

春の小路を歩けば

愛しき女性を思い浮かべる

遠き日に春になると手を繋ぎ歩いた小路

春の草花を摘み春の味を楽しんだ遠き日々

澄み切った空 澄んだ空気

青い空 澄んだ水 

澄んだ夜空一面に

星屑が広がっていた

そんな時代に生まれて来た

僕たちは歳を重ね

それぞれの小幅で歩いて来た

僕たちの心に桜が咲く

踊ろうよ僕たちのステップで
[PR]
by kiyosiozawa0218 | 2013-12-19 13:08