カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

自主出版 [回想]より

                                『朝』

都会が朝焼けに染まる時刻

人々は安らかな眠りから目覚め

俄かに騒めき始める

朝一番の汽笛が鳴り響き

線路を軋ませ走り去って行く

バスターミナルには人の群集が

列をなしそれぞれの孤独な心を

抱き寄せバスに呑み込まれて行く

甘く香る清らかな朝よ満ちた光よ永遠なれ
by kiyosiozawa0218 | 2013-12-19 13:26